メニュー
世界を旅しながら、その国で仕事をして稼ぐ


窓から聞こえてくる音楽に首を振る週末の朝

2021年11月09日(火)

昨夜は赤ワインを飲みながら、色々考え事をしていたらいつの間にかベットの上で寝てた。ちゃんとベットにはいったけど、布団をかけ忘れたみたいで、寒くて起きた。ベットから重い体を無理矢理起こして、机の上に置いてあったコップの水を一口飲んだ。

”あー、気持ち悪い…”

後悔するってわかってるのに飲んでしまう自分が嫌いだ。外の空気が吸いたくて裏庭に出て、窓際にある椅子に腰を下ろした。

体調はすこぶる悪い。空を見上げると雲ひとつなかった。「体調さえ悪くなければ、最高な週末なのに…」って考えながら目を閉じると僕の部屋から音楽が聞こえた。ポケットのスマホのYoutubeが再生されたみたいで、部屋のスピーカーから音楽が流れていた。首なんか振ったら余計体調悪くなるってわかってるのに、かかってる曲がエモすぎる。しかも、この窓の隙間から微かに聞こえる音は首を軽く振るにはちょうどいい音量だから自然と振ってしまう。

”あー、幸せだ…”

数分間音の中でボーと日向ごっこして、家を出る準備を始めた。今日はハワイを拠点に世界数カ所でウェディングプランナーの仕事を20年以上してる経営者のフォロワーの人がニューヨークに出張で来ていて、ランチでもいかがですか?とお誘いをもらった。SNSって色々な人がどんどん繋がるから本当に面白いって本当に思う。

とりあえず歩いて酔いを覚ましたかったので、「チェルシーフリーマーケット」に何か良いものがないか探しに行った。商品ラインナップはそんなに変化はないけど、たまに掘り出し物があるから適当に見ちゃダメだ。

なんか素敵な指輪があったから亭主に話を聞くとニューヨーク在住のアーティストのハンドメイドアイテムで通常は225ドルが125ドルで買えると力説してきた。確かに可愛いけど…誰の作品なんだ?!結局、彼も名前を忘れたらしく、来週までに調べてくるから来週また来てくれと言われた。この適当な感じもニューヨークっぽい。

30分くらいフリーマーケット内をぶらぶらして、タイムズスクエアに向かって歩いた。タイムズスクエアは完全にコロナ前の状態に戻っている。偽物キャラたちもコロナ前と同じくらいたくさんいるし、謎の光る風船を売ってる新手もいたし、若いお兄ちゃんたちが警察の横で大麻をフカフカ吸っていた。タイムズスクエアを歩いてると自由とは何かよくわからなることあるけど、とりあえず活気があるニューヨークに戻ったことは嬉しかった。

あとブロードウェイの人気作品のキャラクターが入ってるスノーボールが何個か置いてあった。ブロードウェイも去年コロナで本当に大変だったけど、最近はコロナ前みたいに劇場前が賑やかなのも嬉しい。やっぱりタイムズスクエアは24時間賑やかじゃなきゃね。

時計を見たら集合時間の2時前だったから、急いで集合場所に向かった。

ランチ何食べますか?と聞かれた瞬間お腹がすいた。あっ、今朝は二日酔いが酷くて、何も食べてなかったのを思い出した。ふと右の方に視線を向けると「TACOS(タコス)」の文字が。メキシカンフードは前の奥さんの影響で好きになった料理で、特にタコスはハズレようのない旨料理。飲み物はカロリーゼロの炭酸水がまた合う(本当はコーラーが飲みたかったけど、健康を考えると炭酸水って考えるのが歳を取った証拠ですね)

ご飯を食べながら自己紹介。僕は彼女の事前情報をあまり持ってなかったのもあって、色々聞くとハワイで20年くらいビジネスをしていて、ハワイのウェディング業界では知らない人がいない有名な人らしい。実際に僕がtwitterでお互い繋がってるハワイ在住のフォロワーさんを見せると何人かは面識はあるって答えて驚いた。

子供の頃からネットで友達を作ってた僕としては、年々世界は狭くなってるのはSNSをビジネスとして使い始めてから感じているし、コロナのせいで世界が狭くなるスピードはより一層速くなった気もする。

僕が初めてYahooチャットを触ったのは11歳の時。あれから23年経って、ネット上でのコミュニケーションは想像を超える変化があったけど、まだまだこれからもどんどん変わる。数年後にはうまくSNSを使う人は秒ですごい人に繋がって、夢も秒で叶えられる世界がやってくる。すごい時代だなと思う反面、光には闇は必ず存在するからこそ、闇の部分がいまいち見えてない怖さもある。

こんな他人が聞いたら1mmも面白くなさそうな話を二人して真剣に話してた。ご飯を食べ終わった後に「楽しい時間でした。また来週お時間合えば」と声をかけてもらったから、多分彼女も楽しい時間だったんだと思うし、そうであることを信じて、彼女と別れた。

昨日の夕方の空はいつもよりも綺麗だった。あっという間に冬が来てしまったなと誰かが僕につぶやいた気がした。そうだね、今年の秋もいつもと同じで短かった。寒くなる前に早く帰ろう。

今日は久しぶりにひとりでゆっくり時間を過ごした気がした一日だった。相変わらずやることで頭の中は大変だけど、こんな時ほど聞いてる音楽のリリックが僕の胸に刺さる。

「人が寝る時間クラブで歌うのは、人が見れない夢を見てたいから」

あと1年走るだけ、もう少し頑張ろう。人が見れない夢を見るために。

PS:Voicy毎日更新してますのでチェックしてね。

この記事を書いたのは...

1週間でニューヨーカーと結婚したり、急に離婚してニューヨークでホームレスになったりと色々経験済。コロナで事業全滅→新規事業立ち上げ→右肩上がり。NYC在住歴8年目でブランディングとマーケティングの仕事や新事業立ち上げやってます。ギャラリーや美術館好き。詳しい自己紹介はこちらから。

※この記事は2021/11/09に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。