メニュー
足元にうるさい小さなニューヨーカーの見た世界


KUMONOOKU NI ARU TAIO – ロコが住む島が持つ表情

2022年05月21日(土)

『Keiさんは現地のロコ(ハワイ人)の誰より派手な服装ですよねw』僕の着てるド派手なガラガラのアンディウォールのシャツを見ながら初めて会うTwitterのフォロワーさんに言われた。恥ずかしながら僕は初ハワイに完全に浮かれていた。アメリカに10年住んでいても、ハワイに行くのは今回が初めてだったからしょうがない。

今回の一時帰国はハワイ経由で乗り継ぎが必要だったから寄ることになった。本音を言うとハワイに期待など全くしてなかったし、この航空券を買った後にケチっていつもの直行便を取らなかった自分自身を恨んだのを覚えている。

だけど、その考えはハワイに到着してすぐに消えた。想像以上ハワイには『らしい表情』があって、その表情に一目惚れした。

ハワイの海はブルーオーシャンって言葉がピッタリの青さ、真っ青な空と太陽を隠すように遮る雲、薄いオレンジのグラデーションが美しい早朝の景色、ニューヨーカーみたいな必死さがない陽気なロコたち。

自然が豊かだと人の心も豊かになるのを肌で体感した。

日本人はハワイが異常に大好きだ。小さい頃に『老後はハワイに移住しよう!』みたいな番組も多かったし、実際に日本語もニューヨークとは比べられないくらいハワイの街中では目にする。何が日本人をそんなに魅力してるのか?今まで答えを考えたことなかったけど、「ストレスフルな生活が当たり前な日本列島」から「自然豊かで陽気なロコが住む島」に憧れを持つ気持ちはわかる。

ニューヨークのようなエネルギッシュな街で『エネルギー』をチャージすることも大切だけど、ハワイのような自然豊かな場所で『リラックス』をチャージするのも大切。もし人生に疲れを感じてる人はロコが住む島が持つ表情を見に行くといい。

心の豊かさが見つかるかも?

KUMONOOKU NI ARU TAIO

IPPONMITI

5AM

THREE BIRDS

SORA KARA MITA SIMANONAMIDA


他の作品一覧