メニュー

世界を旅しながら、その国で仕事をして稼ぐ



18歳からニューヨークにハマったら、漫画みたいな波瀾万丈な人生へ...

ブレイクダンスがきっかけで18歳の時にニューヨークに旅行に行き、そこからニューヨークの自由さにハマって毎年通い、出会って1週間のニューヨーカーと結婚して移住し、2年後に突然の離婚でホームレスになってもニューヨークに住んでたくらい、I LOVE NY!その時の話はnoteに書いていますので興味ある方は読んでください。

あとは旅行と芸術が好きで、定期的に旅行に行ったり、美術館やギャラリーに行ってます。特に好きなのは「Edward Hopper」で、彼の家に行った時は鳥肌が立ちました。仕事はブランディングとマーケティングの仕事していて、普段はニューヨークを拠点に半分アメリカ、半分海外の生活生活をしています。

このブログでは自分自身の人生のログとして定期的にインパクトに残った日常生活を書きます。


 

アメリカでバイヤーになるくらい、本当にストリートカルチャーが好き

高校生の時に出会ったブレイクダンスがきっかけでストリートカルチャーにどハマりしたんですが、実はダンスの前に「グラフィティー」をニューヨークで生で描いてる人を見て、憧れてデザイナーになった経緯があります。ヒップホップ4台要素が全部好きですが、ニューヨークのストリートアートが特に書く大好き。ニューヨークにはストリートアートスポットが多いので、そのうちまとめるかもしれないので、それまではインスタTwitterに芸術関係の投稿をしているのでフォローしてね!

あとストリートファッションが昔から大好きで、特にスニーカーと靴下への愛が強い。ニューヨークに移住してから3年間ほどスニーカー中心のバイヤーをやっていたり、スニーカー好きの有料コミュニティーを運営したりなど色々ストリートカルチャーに関係性のある仕事をしていました。※バイヤーは不定期で継続中